So-net無料ブログ作成

セカンドライフ始めました。 [セカンドライフ]

セカンドライフ先日、本屋でなんとなく手に取った週間アスキー・・・と思ったら増刊号で最近良く聞くセカンドライフ(SECOND LIFE)の特集号でした。
こんなの

前々から気にはなっていたので買ってさっそく始めてみたのですが、これが中々楽しいのですね。

正式な日本語版の対応は年内中というのは聞いていたので、それから遊べばいいやと思ってたのですが、実は現在のクライアントで既に殆どのメッセージが日本語化されていて、チャットなんかも日本語OKだったりします。(・・・逆に言えば、正式な日本語対応ってどこが変わるんだろう?)

とりあえずベーシック会員ならお金もかからないので、早速このコースで登録してキャラ(アバター)作って開始。名前だけは最初で決めたら後から変えられないので慎重に決める必要がありますが、容姿は後から幾らでも変更出来るので(極端な話性別さえも)、とりあえずは適当に見繕ってスタートしました。Nagare Kohime(※)というキャラを見掛けたらお気軽にお声お掛け下さい:-)

※セカンドライフではラストネームが決められた中からしか選べません。日本人っぽいのではWatanabeとYoshikawaというのがありました。全国の渡辺さん、吉川さんオメデトウw。・・・Ogikuboは当然無かったので好きなイラストレータさん(桜瀬琥姫さん)にちなんでKohimeを選びました^^;。

最初は日本人多い所がいいかなーとマップを"Japan"とかで検索して出てくる所をウロウロしてみました。結構実在の土地の名前が付いている所が多く、東京23区や山の手駅名などあります。

MMOとかやってると広大な土地を時間かけて行ったり来たりするんじゃないかというイメージがありますが、基本的にはある程度の範囲でマップが区切られていて、その地名などで検索かけて一瞬でワープするのが一般的なようです。ワープした後もそのマップの中で宙に浮いて高速移動する事も出来る(土地の管理者の意向で例外アリ)ので、あまり重く考える必要は無いです。

リゾート地っぽい所もあって、結構人で賑わってました。個人的にはセカンドライフって話題になるのは企業の進出とかばかりなので、実際にはもっと過疎ってるんじゃないかなーと思ってたんですが、良い方に裏切られましたね。

何せ、初期状態のアバターはとってもアメリカンな感じなので(^^;、これをもう少し日本人っぽくしたい所です。ところが、顔や体型はMMOなRPG以上に細かいパラメータがあって詳細まで設定出来るのですが、これをどー弄っても日本人っぽくはなりませんでした^^;

・・・で、必要になってくるのがスキンやシェイプと呼ばれる体を構成するパーツ。これは一般的に購入するものですが、世の中、セカンドライフ中、親切な人はいるもんで無料で配布されてるパーツなんかもかなりあったりします(専門店もある)。

これをかき集めて今必至にマイアバターを調整中です^^;

セカンドライフの世界はこのクリエイションの部分が非常に良く出来ていてアバターの衣装のテクスチャなんかも自作出来たりします。・・・というか街自体そもそも誰かが作ったもので、街を構成するオブジェクトは立方体や三角錐のモデルの組み合わせにテクスチャ貼って作られています。

組み合わせ・・・というと大したもの出来なさそうですが、テクスチャはアルファを使った抜きなども使えるので、この辺を駆使すれば結構凝った物も作成可能です。

で、こういうの作ると今度はそれを置く家が欲しくなり、家を建てるには土地が必要で・・・・なんかUOの初期のようなワクワクに久々に出会えた気がします^^;


いるか分かりませんけど、この記事でセカンドライフに興味を持たれた方、ググってみるのが手っ取り早いですが、個人的な印象としてセカンドライフ系のHPは説明画像とかMMOの攻略サイトなんかに比べると少ない傾向があるので、雰囲気を掴むのであれば前述の週間アスキー増刊をお薦めします。

他のガイドブックも後でちょっと手にとって見たりしましたが、増刊が一番キレイにまとまって、情報も網羅している感じがしました。


さぁて、次はサンドボックスで何かオブジェクトを作ってみる予定。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。