So-net無料ブログ作成

近況とiPadに思う事。 [モノ]

DSC08411.jpgうーん、ちょっと開いちゃいましたね。写真は先日、実家のある荻窪の方に寄った時に撮った一枚。居酒屋さんの軒先でしたでしょうか。色鮮やかな組み合わせでした。

6月はどうもバタバタしていて、撮影会なんかもタイミングが合わなくてあまり写真ネタはなかったりします。
毎年そうなんですが6月って体調崩しやすくて、今年もちょっと酷い目にあいました(;´∀`)。金曜日の夜ぐらいから腹痛が酷くて翌水曜日あたりにやっと治ったかなーと思った所で、弱っていた体に食べ物が当たったらしくて、アレルギー症状で全身ボッコボコになってしまい病院に駆け込む羽目に…。普段、アレルギー症状なんて鼻炎ぐらいしか出ない人なので、ちょっと驚きました。体弱っていると何が起きるか分かりませんね…(;´∀`)。

あ、注射打ってもらって薬も頂いたおかげで、今はキレイに治ってます。

さて、巷は先週発売されたiPhone4に話題が移行しましたが、自分の方はすっかりiPadが手放せなくなってしまいました。Appleの「魔法のような体験を」とか、返って怪しさ倍増してるんじゃないかと思えるフレーズは兎も角、ちょっとだけ生活が便利になったのは確かです。

どこでも、いつでもネットが手元に。昨日のワールドカップ日本戦は号外出てないのかな、と電車の中で思い立ったら産経新聞からすぐダウンロードして見れたり、お昼休みにツイッターで会話を楽しんだり、出先で父の法要のスケジュールが必要になったらその場でグーグルカレンダーでチェックしたり、食事の席を用意するのであればグーグルマップから食事処検索したり。買いものに出掛ければ、店頭で見つけた商品の詳細やkakaku.comの値段や口コミちょっと見てみたり。

どれも機能的にはノートPCでも出来る事ではありますが、使用スタイル的にはノートPCでは厳しいし、UIの面でさっと用を済ませられるのはやはりiPadですね。iPhoneでも近い事は出来ると思いますが、やはりピンポイントで情報を引き出すのであればまだしも、必要そうな情報をずらっと並べてその中から探していく、その操作をする、というヒューマンインターフェース的にはやはりiPadにはiPhoneには無いものがあります。人間の指の太さはや操作精度は変わらないという意味で、インターフェースが広く、高解像度なのです。

※まぁ、問題は今後、きちんとしたiPad対応タイトルがどの程度出て行くのか、という所ではあります^^;

という訳で、すっかり自分の生活には溶け込んでしまったiPadですが、一つ問題が。かれこれ15年ほど読み続けている週刊少年マガジンですが、iPadで色々読むのにすっかり時間を奪われてしまい、タダでさえ鈍行だった読むスピードが更に落ち、もう読むの辞めた方がいいんじゃないか、という気さえ…^^;。講談社さん、マガジン電子書籍で出してくれませんか?(笑)

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 2

かつぽん

iPhoneがあればiPadは要らないという人もいますが、
使ってみるとOSが同じとは思えないほど
別物感があるんですよねー。
それにネットブック開くよりよっぽど速いですし。
by かつぽん (2010-06-28 16:43) 

荻窪 流

かつぽんさん、こんにちわ。
そうなんですよね、人間が操作できる範囲が広い、というだけで結構できる事が違って来るんですよね。この辺を活かしたアプリが色々と出てくると楽しくなりそうです(^^
by 荻窪 流 (2010-06-29 13:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。