So-net無料ブログ作成
検索選択

α77/65やNEX-7/5Nに触ってきました!(その1) [写真]

LA-EA2とFDA-EV1Sもはや新製品が出る度に通ってる気がしますが^^;、先日発表のあったSONYの新製品、α、NEX、そして関連アクセサリを触りに銀座のソニービルへお邪魔してきました。

会場が混むのを避けて夕方寄ってみたのですが、それでも結構人が来てましたね。ただ、展示機も割と台数が用意されてたので触るのにはそれほど苦労しませんでした。

まずはNEX-5N・・・というか個人的にはこれに付いていたLA-EA2。NEXではαマウント用レンズを使用する為のアダプターで、既にLA-EA1という製品があり、SSMやSAMなどのモーター搭載のレンズであればNEXのコントラストAFで(かなり時間がかかるものの)、AFも可能です。


DSC01725.jpg NEX-5N + LA-EA2 側面から

LA-EA2は更に進化していて、中にトランスルーセントミラーと位相差AFセンサーとモーターを内蔵しており、ミラーレスであるNEXで位相差AFを実現し、且つモーターも内蔵している為、全てのαマウントレンズでAF可能です。AFセンサは3点クロスなのでα77には及びませんがα55/33あたりと同じくらいの動作は期待出来るんじゃないでしょうか。

NEX-5NはNEX-5の後継機。外見は殆ど変わっていませんが、CMOSセンサーが1600万画素だったり、動画が60p対応だったり、外付けの有機ELビューファインダーに対応したり、液晶パネルがタッチパネルだったり、実は地味に良くなってます。

NEX-5N + LA-EA2をホールドで、このNEX-5NにLA-EA2経由でαマウントレンズである18-200mmが付けられているものを早速触ってみました。まず、発表時に気になったのが、このマウントアダプタでかすぎない?という事。写真を見ると分かりますが、NEX-5Nに装着すると明らかに下部がはみ出します。

…ですが、この出っ張った部分が操作の邪魔になるかというとそうでもなく、人差し指/中指と親指あたりでレンズの下部を支えると丁度小指辺りがこのマウントアダプタの縁をホールドするのに丁度良く、むしろ安定感あっていいかな、という感じもしました。

会場が暗い事と付いてたレンズも18-200mm F3.5-6.3とSSM等乗ってないレンズの為、AFの速度はちょっとなんとも言えない所です。たぶん、レフ系でもこのぐらいの動作速度だろうなという範囲では動いてました。少なくともLA-EA1によるコントラストAFとは雲泥の差です(;´∀`)。

これは今の所想像上の話になるのですが、LA-EA1では位相差AF用レンズを無理矢理コントラストAFで使用するという荒技を使っていたので、残念ながら現状サードパーティ(シグマやタムロン)製のレンズではモーターが乗っていてもAFが動作しません(※)。ですが、LA-EA2なら従来通りの位相差AFが使用可能になる為、これらも動作可能になるんではないかなーという期待があります。

SEL50F18 SEL24F18Z SEL55210
E 50mm F1.8 OSS Sonner T* E 24mm F1.8ZA E 55-210mm F4.5-6.3 OSS

レンズのラインナップが弱かったNEXですが今回一挙に3本のレンズの発売が発表されました。9月には元々30mm F3.5マクロの発売予定があったので、年末にかけて4本のレンズが登場する事になります。個人的には今回発表された50mm F1.8 OSSが凄く気になります。ポートレート向けの焦点距離だし、単焦点なのに手振れ補正積んでるし、なのにお手頃価格だし…という事で、たぶんいずれは買ってそうな気はします…(;´∀`)。


さて、NEX-5Nを色々触った後は本命α77/65と今回は展示だけでしたがNEX-7。
これについては話が長くなるのでまた近日中に…。


(※)…厳密に言うと動くのだけど、ピントが正確に合いません


続きの(その2)はこちら

タグ:NEX-7 α77 NEX-5N
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。