So-net無料ブログ作成

α99で撮る猫くん [写真]

さて、先日α99を手に入れましてどこかで撮影出来ないかなーと思ってたのですが、あいにく東写さんの撮影会はまだ日がある、でもやっぱり単なる風景より被写体が欲しいなーという事で、新宿にある猫カフェきゃりこさんにお邪魔してきました。

吉祥寺のお店には行った事あったのですが、前に新宿歩いてた時に新宿店のチラシを頂きまして、それを思い出して行ってみた訳です。吉祥寺の時もそうだったのですが、室内で猫は動き回るという事で比較的難易度の高いシーンですが、α99のテストには丁度いいかなーなんて。

きゃりこさんへ


新宿のきゃりこさんは歌舞伎町の入り口に程近い雑居ビルの中にあります。ちょっと入り口が分かりづらいのと、少々怖い雰囲気があるやも知れませんが大丈夫、それを乗り越えれば楽園が待っていますから(笑)。

迷ってる?


きゃりこさんはビルの2フロアを使っているのですが、内部の階段で繋がってる為、人も猫くんも自由に行き来が出来ます。この猫くんは下のフロアに行こうか少し迷ってるみたいですね。

けげんな顔


手をついてる所は水飲み場か何かのようなんですが、ここを独占したいんですかねー。他の猫を怪訝な顔で伺ってるように見えます。なんかこの表情が好きなんですよね。


夢の中


この日はマクロレンズも持って行っていたので寝てる所を超接近して撮らせて貰いました。ただ、50mmマクロは超音波モーターとかでないので、AF駆動音が結構うるさい為、すみやかに合焦させないと目をちょっと開いて嫌な顔されます(^^;

遊び盛り


勿論、寝てるばかりでなく、元気に遊び回ってる猫くんもいますよ。きゃりこさんは残念ながら抱っこは禁止なんですが、運が良ければ向こうから膝に乗って来てくれるかも。


α99、初めて使うのにほぼ等しかったのですが、中々感触はいいですね。操作性の良さはα77から引き継ぎながら、高感度がさすがのフルサイズといった感じで先のマクロで撮った寝姿なんかもISO1600でありながらかなりの質感を維持してくれています。NEX-7もAPS-Cに2400万画素詰め込んだ割には結構キレイなんですが、それよりも1段以上キレイな気がします。

あと、今更ではありますが、やはりAF速度そのままでライブビュウが縦でも横でも自由自在ってのはやはり猫くん撮るには強いですね~。
床から猫目線での写真も楽に撮れます。


次回ももうちょっと猫くんの写真を追加しようと思います。

※ちょっと掲載フォーマットを再検討中…。
タグ: α99
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。